スポンサーリンク

迫りくる恐怖

育児奮闘日記

こんばんはー☆

数日前、子供を抱っこ紐で抱っこしながら病院に行ってきました!

その時の事を今日は書こうと思います!!

病院ってすごい待ちますよね💦

なので

その日、私は、

そうだ!朝の一番狙って早めに行こう!

と思い立ったわけです✨

その病院はスーパーの中にあるのですが、スーパーが開かないと病院には入れません。

なので、

スーパーの開店前に行って、スーパーに一番に入れば、その病院の一番になれる!

と考えました^_^

そこで朝早く起きて、自分の準備をして、夫を送り出し、子供に離乳食をあげて、子供の準備をして、時計を見ると8:30!

スーパーの開店は9:00なので、

今から行けば間に合う!✊

と思い、急いで子供を抱っこ紐に入れてスーパーに向かいました!

スーパーに着くと8:45で、誰も並んでいなかったので、

よし!念願のいっちばーん!💓

と思いながらスーパーのドアが開くのを待っていました。

スーパーには何箇所か入り口があるのですが、私が行きたい病院は二階にあり、エスカレーターで登ってすぐの場所にあります。

ですので、わたしはそのエスカレーターから一番近いスーパーの入り口を探して、ドアのギリギリ前に、

私が一番だ

と言わんばかりに並んでいました。

(子供がぐずり出していたので、なんとしてでも一番になりたかったのです、、、)

私がスーパーの自動ドアの前に並んで5分くらい経った時、時刻は8:50分。

どんどん人が集まってきて、私の後ろに並びはじめました。

私の真後ろには50代くらいの女の方が一人立っていて、その後ろにも男性の方が立っていました。

50代くらいの女の方は近くの売り物を見たりしていて、そこまで順番を気にしていないようでしたが、皆さん暗黙の了解という感じで、動いたとしても抜かさないようにしながら、開店を待っていました。

8:57分

私は少しでも時間短縮させようと思い、お財布の中から診察券と保険証を取り出し、ポケットに入れ、すぐに受付ができる状態にしておきました。

8:59

なんだかドキドキしてきました!

15分前からずっと、ぐずる子供をあやしながら、立ち続け、やっとで開店時間です☆

もう、嬉しい気持ちと、

ここまできたら他の入り口から入ってくる他の方に負けないように、一番にエスカレーターに乗るしかない!という気持ち

で、

見えない敵(ほかの入り口で待っているであろう人達)

に闘志を燃やしていました✊

9:00

ついに開店です!

ゆっっっくりと自動ドアが開きはじめ、

やっと人一人通れるくらいまで開いた時、

私はすぐに店内に入り、早足でエスカレーターに向かいました!

周りを見ても、ほかの入り口から急いでエスカレーターに向かっている人はいなかったので、

やったーーーー!あのエスカレーターに乗ってしまえば、病院に入るのも一番だ!

と思いながら、嬉しい気持ちを隠しながらも、一応、急ぎ足でエスカレーターに向かいました。

エスカレーターは一人しか乗れない幅なので、乗ってしまえば勝ちです!

子供を手で押さえながら早足で進み、

ついに!

エスカレーターに一番に乗る事ができました!

もう、気持ちは最高な気分で、15分前から待って良かった!

あー嬉しい!!

と心の中でガッツポーズをしながら、エスカレーターの終わりの地点を見ていました✨

すると、

タタタタタタ

タタタタタタ

と何か聞こえてきました。

ん?

と思っていると

横に何かいる気配が!

😱

え、、?

よこ?

と思い、横を見ると、

そこには階段があるじゃないですか!

もう、エスカレーターに乗る事しか考えていなかった私は、エスカレーターより遅くなるであろう

階段

の存在を全く見ていなかったのです!

そして、その階段には

私の後ろにいた、

私は順番とかどうでもいいですよー

って感じだった50代くらいの女の方がいるではありませんか!💦

そして、

タタタタタタ

とすごいスピードで階段を上がってきているんです!

え、

やばいぞ!

エスカレーターで登ってる私と同じくらいの速さややん!

このままだったら抜かされてしまう!

と、いきなり焦り出した私は、

急いでエスカレーターの上を登り始めました!

登っているエスカレーターを自分でも登っているので、すごい速さで登っているはずなのですが、横を見ると、

それにも対抗して、まだ諦めずに

タタタタタタ

タタタタタタ

とさらに加速して登ってきているんです!

もう、ここまできたら恐怖です😱

わたしはさらにスピードを上げました!

かなり長いエスカレーターなので、

そろそろ力尽きるであろう

と思いましたが、

その女の方は、私がスピードをさらに上げたのを見ると、

次は二段飛ばしで階段を登り始めました!

もう

タタタタタタ

ではなく

タッタッタッタッ

です!

荷物を脇に抱えて、ゼーゼー言いながら

タッタッタッタッタッ

ゼーゼーゼーゼー

と登っているのです💦

そしてラスト5段くらいになった時、私と女の方はほぼ同じくらいの速さでした!

あと少しー!

やばい、抜かされる!

と思ったのも束の間、

その女の方は私をついに抜かし、

二階に着くと、すごい速さで走って病院へ🏃‍♀️

そのすぐ後ろを走りましたが、

病院に先に入ったのはその女の方でした😭

そして、その方は息を切らしながら受付をすると、

ドスン!

と力尽きたように、待合室のソファーに座りました。

私は

悲しい気持ちと

悔しい気持ちと、

エスカレーターに一番に乗って油断してた自分に腹が立つ気持ちと、

天から地に落とされた絶望の気持ちと

が混ざり合い、抜け殻のようになって受付をしました。

こんなに悔しいのは久しぶりでした。

負けず嫌いのわたしは本当に悔しかったのです。

そして、あれだけ前から赤ちゃんをあやしながら待っていた私の姿を見てたのに、こんなことするん?!っていう気持ちにもなりました。(これは自己中かもですが💦)

やっぱり油断をしてはいけない!

最後まで全力で、戦わなければいけない!

と反省点が多い日でした。😭

この病院はすごく人気があるみたいで、わたしの後ろにも多くの人が並んでいたので、

次来る時はもっと気合を入れて、次こそは一番になろう!✊

と決心した一日でした✨

これは数日前の話なのですが、今日またその病院に行ってきたんです。

ええ、戦いが繰り広げられましたよ。

ですので今日の戦いの話は明日することにします✨

ではでは、おやすみなさい😴💤

タイトルとURLをコピーしました